リフォームを分離発注する方法!徹底解説

リフォームを安くする方法は分離発注施主支給です。

この記事では、リフォームを分離発注するための知識や方法について解説します!

リフォームの分離発注とは

リフォームの分離発注とは、リフォーム会社や工務店を通さずに、リフォームを行う箇所ごとに別業者へ依頼することです。

一括発注と分離発注

一括発注とは、工事を一括で請け負う業者がいるリフォームです。

一括発注

それに対して分離発注は、工事発注者が各業者に直接工事を依頼します。

分離発注

一括請負業者が中間マージンをとらない分、分離発注のほうがリフォーム代が安く済みます。

自分で業者を探して仕事を依頼するだけなので、難しいことではありません。

分離発注の注意点

分離発注のデメリットは、現場管理の時間や手間がかかってしまうことです。

一括発注のほうが高い理由は、上乗せだけでなく「現場管理費」という正当な費用の意味合いも含まれます。

現場管理の仕事は職人をタイミングよく現場に入れ、それぞれの職人に指示をしながらリフォームを完成させることです。

この仕事の代価が現場管理費です。

しかし、少し勉強すれば難しいことではありません。

ちなみに、木工事・水道・電気を同時に行う場合は、前後の日程調整などが必要となり、分離は比較的難しいです。

自信がない場合は大工さんに一括発注するのがオススメです。

職人の知り合いには職人の知り合いがいるためです。

リフォームを分離発注する方法

分離発注の手順は以下の通りです。

  1. リフォームの内容を分類する
  2. 業者や職人さんを探す
  3. 相見積もりをとる
  4. スケジュールを立てて、発注する

順に解説します。

1.リフォームの内容を分類する

まず最初に、リフォームの内容を細かく分類し、どの職人が担当するか確認します。

例えば、キッチンの取り替え工事だと以下の工程が予想されます。

  • 大工が今ある流し台をとり、下地をつくる
  • 設備職人が水道や排水の位置を移動して、キッチンを取り付ける
  • 電気工事士がレンジフードなどを設置するための工事をする

木工事:大工

以下のような木工事は大工さんが担当します。

  • 基礎や躯体の点検・補修
  • 屋根の水仕舞い
  • 床や階段のきしみ補修
  • 床の張り替え
  • 外壁の補修

また、「流し台の入れ替え」や「和式トイレの洋式化」などの水回りも給排水管職人と連携して工事を進めていきます。

大工さん

水道工事:給排水管職人(設備屋さん・水道屋さん)

水道工事を行うのは給排水管職人さんです。

設備屋さん水道屋さんと呼ばれることもあります。

  • 劣化した水道管・排水管の交換
  • キッチンの入れ替え
  • 洗面台の導入
  • 洗濯機パンの導入
  • 和式トイレの洋式化
  • 浴室・台所・洗面所の給湯化
  • 水漏れのトラブルの対応

などの工事をしてくれます。

水道工事職人

内装工事:内装職人(内装屋さん)

内装職人さんには、クロスクッションフロア、台所のカッティングシートの施工をしてもらいます。

少しこだわったクロスを使いたい場合などは、他の現場で余ったクロスを持っているかどうかを聞いてみても良いでしょう。

内装職人

また、クロスの張替えは初心者でもDIYで比較的挑戦しやすいです。

詳しくはこちらの記事で解説しています▼

塗装工事:塗装職人(塗装屋さん)

外壁や内装の塗装を行うのは塗装職人です。

外壁塗装についてはこちらの記事で詳しく解説しています▼

外壁の塗り替えだけでなく、古くなった敷居などの建具などの再塗装をお願いすることもできます。

塗装工

また、あまりオススメではありませんが、浴室を安くリフォームする方法として浴室塗装があります。

専門の業者にお願いすると高くなるため、塗装屋さんに何か仕事をお願いするときは浴室塗装についても聞いてみるのがオススメです。

水回りのリフォーム費用を抑える方法についてはこちらの記事で解説しています▼

電気工事:電気工事士(電気屋さん)

電気工事は電気工事士の資格を持っている人が行います。

  • ドアホンの取り付け
  • 換気扇の交換
  • コンセントやスイッチの交換と新設
  • アンテナ端子の新設

などで活躍してくれます。

エアコンを取り付ける電気工事士

テレビモニター付きインターホンや、コンセントスイッチプレートは施主支給してまとめて電気工事士に取り付けを依頼します。

コンセントスイッチプレートはカバーだけでなく中身のユニットごと新品に交換すると、劣化によるトラブルを防げます。

ホームセンターで数百円で購入できます。

スイッチプレート

2.リフォーム業者・職人さんを探す

必要な職人さんの種類がわかったら、次は業者や職人を探します。

ねらい目は、大々的なインターネット広告を出さず、店舗展開もしていないひとり親方や家族経営でやっているような小さな工務店です。

店舗展開している会社は人件費や家賃、広告費などがかかり、料金が割高になります。

探し方はこちらの記事で解説しています。▼

3.相見積もりをとる

業者や職人を見つけたら連絡し、金額が高い工事は必ず相見積もりをとるようにします。

工事の内容や関わる業者が多くなると混乱してきます。

ノートに以下のような内容をメモしておき、あとで確認できるようにしましょう。

  • 業者の名前と連絡先
  • 工事に関する疑問点
  • 工事の順番の確認
  • 工事の大まかな所要時間
  • 金額
  • 支払い方法
  • 工事してくれる日程

話をする中で、信頼できる業者かどうかを見極めます。

業者の方には相見積もりをすることをあらかじめ打診しておいたほうが親切です。

割高な会社に多いケースですが「相見積もりなら、うちは結構です」と断ってくる場合もあります。

4.スケジュールを立てて、発注

業者や職人に聞いた内容をもとに、この日はこの工事、というようにカレンダーにスケジュールを立てていきます。

相見積もりで納得できた業者に順番に連絡して発注していきましょう。

まとめ

この記事では分離発注の方法について解説しました。

分離発注の手順は以下の通りです。

  1. リフォームの内容を分類する
  2. 業者や職人さんを探す
  3. 相見積もりをとる
  4. スケジュールを立てて、発注する

リフォームに関する知識を身につけて、納得のいくリフォームができるようにしましょう!

また、実家の大規模なリフォームや補助金について知りたい人はこちらの記事を参考にして下さい▼

読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました