【カギ交換は自分でできる!】おすすめのシリンダーと交換方法

入居者が決まると、最後の仕事はカギ交換です。

カギ交換を外注すると刻みキーだと約2万円、ディンプルキーだと4~5万円ほどかかります。

しかし、自分でやると部品代の5,000円〜1万円程度でできます!

ドライバーさえあれば10分ほどでできます。

今回の記事では、おすすめのシリンダーや交換方法について紹介します。

鍵の基本

刻みキーとディンプルキーの違い

刻みキー:ギザギザ

最も一般的な鍵のタイプで、片面のみギザギザになっている片刻みキーと両面がギザギザの両刻みキーがあります。

ディンプルキー:でこぼこの窪みがある

鍵の表面にはデコボコとした窪みがあり、鍵先の丸い物が多いです。防犯性が高い鍵となります。

ディンプルキーのメリットは以下の通りです。

  • ピッキングされにくい
  • 複製されにくい

デメリットは、交換費用や合鍵の作成費用が刻みキーよりも高額になることです。

賃貸住宅はディンプルキーに交換しよう

防犯性の高いディンプルキーへの交換は入居者への安心感をアピールすることができます。

業者に外注することもできますが、ドライバーさえあれば自分でも交換できます。

カギ交換の手順

ドアの側面を見て、鍵の型番をチェック

現在使用している鍵のメーカー名と品番(刻印)を調べます。
メーカーや型番は、ドアの側面から見て確認しましょう。

メジャーな鍵のメーカーはMIWAGOALです。

画像に私と娘の腕が映りこんでいます。この鍵はメーカーはGOALで品番はLGです。

ドアの厚みを測る

ドアの厚みは「側面の厚み」を確認するだけなので、定規メジャーで簡単に測れます。


ドアの厚みは29~43mmが標準です。

標準のものであるかどうかを確認しましょう。

43~53mmの場合は、通常のシリンダーがつけられません。

(セキスイハウスの住宅の勝手口に多く取り付けられている「GOAL・ASLX」です。)

交換方法が違うので注意しましょう。

鍵の鉄人(楽天市場)で、適合する鍵を購入

鍵の鉄人」というサイトがとてもわかりやすいです。

ステップに沿ってクリックしていけば適合する型のシリンダーを選ぶことができるので初心者にもおすすめです!

いよいよ鍵の交換(マイナスドライバーとプラスドライバーを準備)

取り外し編

まずは室内側から作業

  1. ドアを開けたまま、つまみを手で回して鍵を開ける
  2. つまみをとめているビスをプラスドライバーで外す→つまみが取れる
  3. シリンダー止めのビス2本が見えるので、それをプラスドライバーでを外す

次にドアの側面へ

  1. ドアの側面のプレートの上下のビスをプラスドライバーで取って外す
  2. シリンダー止めのピンをマイナスドライバーで外す

最後に室外側へ

シリンダーを抜き取ります。(取りにくい場合は上下に揺らしましょう)これで取り外し完了!

取り付け編

基本的には、取り外してきた順序の逆の工程をやっていけば取替えできます!

室外側で

新しいシリンダーを差し込みます

ドアの側面へ

  1. シリンダーピンを手で差し込む
  2. プレートをドライバーで取り付ける

最後に室内側へ

  1. シリンダービスをプラスドライバーでねじ込む
  2. 鍵のつまみを取り付ける

これで取り替え完了です!

最後に鍵がかかるかテストしましょう。

大家も鍵を一本保管しておこう

製品にもよりますが3本〜5本セットが多いです。

全て入居者に渡さずに一本は大家が保管しておきましょう。(と、賃貸の仲介業者に言われました。)

まとめ:大家は自分で鍵交換しよう

ディンプルキーに交換を外注すると4万円しますが、自分でやるとシリンダー代の5,000円〜10,000円でできます

私は入居者から鍵交換代として10,000円を頂きました

ちなみに私はこれを購入しました。

《4-1》GOAL LX交換タイプWESTリプレイスシリンダー取替え用■シルバー色■ドアの厚み29〜43mm対応品■ドアのタイプは、左右共用タイプ■標準キー3本+合鍵1本付き

価格:10,780円
(2022/5/10 14:09時点)
感想(0件)

防犯性が高いディンプルキーで入居者も安心です。

ぜひチャレンジしてみましょう!

タイトルとURLをコピーしました