DIY大家に第二種電気工事士はコスパ最強!ブログで紹介

(注)このブログには広告を含みます。

こんにちは。戸建て投資をしている藤本紗帆です。

DIY大家に一番コスパのいい資格は第二種電気工事士だと思います。

第二種電気工事士があればできるDIY

これまでにした、第二種電気工事士の資格が必要なDIYをいくつか紹介します。

照明の交換

築古を築古たらしめるもの・・・そのひとつは照明です。

小型の照明は電源直結式のものが多く、交換には資格が必要になります。

  • 玄関
  • トイレ
  • 洗面脱衣所

などは、ダウンライト風の照明にし交換して印象がガラっと変わりました。(まるで新築!)

ダウンライト風の照明は使い勝手がよく、約3,000円です。

また、浴室の照明もとても古かったので交換しました。

浴室用電灯は約2,000円でした。

別の物件ですが、東芝のLED軒下用シーリングライトもかわいい。

また、玄関外の照明も動作がおかしかったので交換しました。

新築の家の勝手口に同じものがついていることもあります。

ダウンライト増設

廊下が真っ暗で照明がなかったため、ダウンライトを増設しました。

VVFケーブルは3m程度使ったので約500円、ダウンライトは日本製で1,500円くらいです。▼

愛知電線
¥2,916 (2024/04/17 07:30時点 | Amazon調べ)

また、壁や天井にこちらの石膏ボード用のカッターを購入しました。▼

SK11(エスケー11)
¥1,190 (2024/04/20 02:30時点 | Amazon調べ)

先が尖っているので、ブスッとさしやすく、ざくざく切れます。

コンセント増設

冷蔵庫置き場を決めたので、冷蔵庫用のコンセントを増設しました。

また、つり戸棚につける照明につなぐケーブルも大工さんがわかるように出しておきました。

ひものスイッチではない、コンセント付きの照明を選んだのがポイントです。

東芝で3,600円のものです。

キッチンのリフォームはコチラの記事で詳しく書いています。▼

スイッチ増設

築古物件の和室は壁にスイッチがついておらず、照明をひもを引っ張ってつけるタイプが多いです。

和室を洋室化する際に、スイッチを増設しました。

和室の洋室化はコチラの記事でも解説しています。▼

和室のままにしておいた部屋もスイッチを増設しました。

砂壁のDIYリフォームはコチラの記事でも解説しています。▼

インターホン取り付け

テレビモニター付きのインターホンは

  1. 電源直結式
  2. コンセントでつなぐタイプ

があります。

2は電気工事士の資格は必要ありませんが、1のほうがスッキリします。

いつもPanasonicのドアホンを購入します。▼

パナソニック(Panasonic)
¥11,800 (2024/04/16 20:57時点 | Amazon調べ)

コンセントの中身交換

コンセントのプレート自体は電気工事士の資格がなくても交換できます。

ただ、中身を新しくするには資格が必要です。

スイッチを新品に、コンセント部分をモニターホンを付けました。

独学で一発合格できる

第二種電気工事士は受験資格はなく、独学で一発合格できます。

(まったく興味がない人は厳しいかも)

年2回、各都道府県の会場で試験があります。

 

  学科試験 技能試験
上期 4-5月 7月
下期 9-10月 12月
合格基準 6割以上 欠陥がない

学科試験の内容は以下の通りです。

  1. 電気に関する基礎理論
  2. 配電理論及び配線設計
  3. 電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具
  4. 電気工事の施工方法
  5. 一般用電気工作物等の検査方法
  6. 配線図
  7. 一般用電気工作物等の保安に関する法令

四肢択一学科試験に合格すると技能試験を受験できます。

技能試験の内容は以下の通りです。

  1. 電線の接続
  2. 配線工事
  3. 電気機器及び配線器具の設置
  4. 電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
  5. コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
  6. 接地工事
  7. 電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
  8. 一般用電気工作物等の検査
  9. 一般用電気工作物等の故障箇所の修理

技能試験の問題は、13問の候補問題が前もって公表され、その中から1問出題されます。

口コミが一番良いテキスト

テキストは一番口コミが良かったものを購入しました。

テキストは絵柄がすごく昭和です。

よくわからないところは流し読みして、過去問でどう出るかを確認しました。

著:藤瀧 和弘
¥2,090 (2024/04/23 20:57時点 | Amazon調べ)

技能試験のテキストは付属している入門講習DVDを先に見るといいです。

YouTubeに総合工具メーカーのHOZANの解説動画もあり、とてもわかりやすかったです。

昔は有料の講習会があったようですが、今は無料で自宅で実技を勉強できて有難いです。

筆記試験の過去問は必須問題さえ何周かすれば9割とれます。

オームの計算などの理論問題はわからないので全捨てしました。

全捨てでも8割5分とれます。(6割が合格ライン)

ほぼみんな使っていた工具セット

技能試験では、工具が必要になります。

工具はいろいろ調べましたが、セットで買うほうがいいです。

個別で買っても値段は変わりませんし、規格にあうものをイチイチ探すのが大変です。

試験会場でもほとんどの人がこのHOZANの工具セットでした。

技能試験の練習は電線2回分でOK

技能試験の練習セットも高いですが、練習のために購入しました。

ホームセンターには置いていない電線もあるので、セットを買うしかないかなと思います。

電線は1回分でも大丈夫だと思いますが、心配性なので2回分を購入しました。

2回分あれば十分で、3回分は必要ないと思います。

まとめ

第二種電気工事士の免許に有効期限はや更新はなく、一生ものです。

テキストや工具代などでけっこうな費用がかかりますが、築古戸建てを一軒DIYすれば元が取れるくらいです。

DIY大家を目指すなら取っておいて損はないです。

DIYの難易度についてはコチラの記事で紹介しています。▼

戸建てリフォーム費用はこちらの記事で紹介しています。▼

読んでいただきありがとうございました!

この記事を書いた人:藤本紗帆

1992年生まれで、現在次女の育休中です。

初めて不動産投資をするときにつまづくことが多く、当時知りたかったことをこのブログ(はじふど)でまとめています。

電子書籍も出しています。▼

X (旧Twitter)も毎日更新しています。

DIY
sahoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました