約2万円でふすまを洋風引き戸にリフォームしてみた

(注)このブログには広告を含みます。

こんにちは。不動産投資をしている藤本紗帆です。

洋室化した部屋のふすまがボロボロで、どうしようか悩みました。

楽天の「和室リフォーム本舗」で19,980円だったので、注文することにしました。

裏がボロボロのふすま
リフォーム後

この記事では感想や体験談を紹介します。

色はホワイト、引手はシルバーを選択

まずはドアのタイプを選びます。

図がわかりやすくて悩まず選べました。今回はT-2です。

色は5色から選択できます。

狭くて暗い廊下だったので、少しでも広く見えるように「ホワイト」を選択しました。

引き手は無難に「シルバー」を選択しました。

ゴールドがオシャレかな、と思っていたのですが、トイレのドアの取っ手をゴールドにしたら違和感があったので・・・。

サイズは注文後でOK

サイズは注文後でOKとのことです。▼

先にサイズ表のPDFファイルをダウンロードできるので、まずダウンロードしました。

印刷して、自分で書きこんでいきます。

計測し直すと微妙に変わって、赤で訂正しています。

納期は約1か月

2月8日に注文して、3月3日に届きました。

注文してから何度かサイズの確認でメールのやりとりがありました。

製作にある程度期間がかかるので、早めに注文したほうがいいと思います。

届いた、すごく重い

思ったより重くて、(5〜6kgくらい?)女性が1人で運ぶのは厳しいかもしれないです。

調整で何度も外すのが面倒

古い家は基本的に傾きがあります。

下についた戸車で傾きを調整します。

重たいのに一回一回外して調整しないといけないので、けっこう疲れました。

廊下側から見るとこんなかんじです。

クッションゴムも購入

壁紙に傷がつかないように、3Mのクッションゴム270円くらいで買いました。

シリコンオフでしっかり脱脂してから、引き戸の上下2箇所に貼りました。

まとめ

丁寧な対応だったので初めての注文でも安心でした。

また利用したいと思います。

和室の洋室化の記事はコチラでまとめています。▼

また、施主支給しやすい設備はコチラの記事で解説しています。▼

読んで頂きありがとうございました!

この記事を書いた人:藤本紗帆

1992年生まれで、現在次女の育休中です。

初めて不動産投資をするときにつまづくことが多く、当時知りたかったことをこのブログ(はじふど)でまとめています。

電子書籍も出しています。▼

X (旧Twitter)も毎日更新しています。

内装
sahoをフォローする
はじふど
タイトルとURLをコピーしました