戸建ての残置物撤去費用はいくらだったか

(注)このブログには広告を含みます。

こんにちは。戸建て投資をしている藤本紗帆です。

戸建ての残置物撤去費用は、今回は111,750円でした。

不用品の写真を全て撮影

まず最初にするのは不用品の撮影です。

写真があれば業者の人に見積もりにわざわざ来てもらわなくてすみます。

Canvaなどを使って、写真を数枚にまとめておくとあとで便利です。

くらしのマーケットは5枚ずつしか写真を送れません。)

くらしのマーケットで業者を探す

不用品回収で安い業者を探すにはくらしのマーケットが便利です。

くらしのマーケットで屋号を書いている会社もあったので、直接その会社に問い合わせたりもしました。

しかし、やはり口コミなどの効果もあるからか、価格を頑張ってもらうにはくらしのマーケットを通したほうがいい印象でした。

土を回収してもらえるか確認

今回も残置物に出てきた、プランターに入った

以前は土を回収してもらえない業者に頼んで、自分で少しずつ捨てて大変でした。

今回は大量だし、絶対回収してもらいたい・・・!

くらしのマーケットでいくつかの業者にを回収してもらえるかどうか聞くと、答えはさまざまでした。

  • 土はダメ
  • 少量ならOK
  • 追加料金を払えばOK

5,000円の追加料金で回収してもらえるという業者に依頼しました。

畳も追加料金(1枚1,500円~)

畳も追加料金を支払って回収をお願いできることが多いです。

1枚1,500円~3,000円と業者によってさまざまです。

(普段、表替えを依頼している畳屋さんは1枚1,500円で回収・破棄してもらっています。)

今回の業者も1枚1,500円で引き受けてくれました。

先に設備類を外してもらっておく

不用品回収が1度だけで済むように、先に不要な設備や建具設備屋さんに取ってもらいました。

(前回は不用品業者に2回来てもらったので、その反省を活かしました。)

設備屋さんに送ったメモ

建具など誰でも取れそうなものを設備屋さんに取ってもらうのは申し訳なかったですが・・・。

2人に4時間くらい入ってもらい、2万円支払いました。

料金は32,000円✕3+α

くらしのマーケットでは、軽トラック2tトラックしか選べません。

2tトラックで2.5万円~3.5万円くらいの業者が多いです。

2tトラックに積みきらない量だと当然、追加料金があります。

今回は2tトラックの3倍の量ということで、

32,000円✕3+1,500円✕10.5枚(畳)=111,750円

となりました。(土の追加料金はサービスとのこと。)

他の業者の見積もりは

  • 180,000円
  • 183,000円

だったので、かなり良心的だったと思います。

実際にトラック3往復していました。

(当日2往復して、残り1回は後日)

基本2人で作業というのが多いですが、1人で来たのでびっくりしました。

それはそれは超剛力・スーパーパワーの持ち主でした・・・。

まとめ

いろいろ試した結果、不用品回収クリーニングくらしのマーケットで今後も探そうと思います。

価格の割にクオリティが高いです。

以前の不用品回収の記事はコチラです。▼

読んで頂きありがとうございました。

この記事を書いた人:藤本紗帆

1992年生まれで、現在次女の育休中です。

初めて不動産投資をするときにつまづくことが多く、当時知りたかったことをこのブログ(はじふど)でまとめています。

電子書籍も出しています。▼

X (旧Twitter)も毎日更新しています。

残置物
sahoをフォローする
はじふど
タイトルとURLをコピーしました