リビングにおすすめの白い壁紙はサンゲツ長期継続品

(注)このブログには広告を含みます。

こんにちは。不動産投資をしている藤本紗帆です。

マイホーム用に中古戸建てを購入し、内装をフルリフォームする予定です。

4~7年で売却する予定なので、リビングなど全体を無難な白のクロスを選びたいところ。

これまで投資用物件の壁紙は正直適当に選んでいたのですが、改めてどの型番がいいのか詳しく調べました。

サンゲツのSPシリーズがコスパ良し

お付き合いのある内装屋さんはサンゲツのカタログをいつも持ってきてくれるので、サンゲツで考えます。

(業界第一位はサンゲツ。二位はリリカラ

定番で、施工性が良いからでしょうか。

まあ内装屋さんが慣れてるなら安心です。

クロスには

  • 量産タイプ→サンゲツだとSPシリーズ・厚みがあり施工しやすい
  • 1000番台→色柄豊富・消臭や抗ウイルスなど高機能なものも多い

がありますが、値段が倍ほど違ったりしますので、SPシリーズで考えます。

SPシリーズのカタログ

織物調か石目調か

シンプルなクロスをざっくり分類すると

  • 織物調(布っぽい)
  • 石目調(塗り壁っぽい)

になります。

継ぎ目がわかりにくい王道の織物調

織物調は石目調と比べてクロスの継ぎ目がわかりにくいという利点があります。

織物調(サンゲツカタログより)

シンプルでインテリアのテイストを選ばない、まさに王道の壁紙です。

経年劣化しても継ぎ目が目立ちにくいという利点から、賃貸住宅の壁紙はほぼ全て織物調だそうです。

塗り壁っぽい石目調

 塗り壁っぽい石目調は織物調と比べてどちらかというと洋風の雰囲気です。

珪藻土、コンクリートっぽいもの、ざっくりとコテ跡がある風のものなど種類もさまざまです。

サンゲツのカタログより

コテ跡が控えめなデザインは、織物調に次いでインテリアのテイストを選ばないようです。

賃貸生活が長く織物調のクロスばっかりだったので、マイホームは石目調にしてみようかな、と思います。

長期継続品だと安心

白無地の壁紙だけでおよそ1,000種類〜1,400種類ほどあるそうですが、どんな壁紙も発売から2〜3年で「廃番」となってしまう可能性があります。

その中でも、一定期間手に入ることが保証されているのが「長期継続品」です。

  • 壁紙の補修をしたい
  • 同じ壁紙に張り替えたい

ときに、長期継続品だと安心です。

サンゲツSPシリーズの長期継続品は以下の通りです。▼

サンゲツSPシリーズカタログより

今後も投資用物件のリフォームの参考となるよう、織物調も含めてクロスの印象を書いておきます。

SPシリーズの中にはあんしんシリーズこだわりシリーズというのがあるようです。

あんしんシリーズ

おそらく賃貸住宅に使われているほとんどのクロスはあんしんシリーズだと思います。

厚みがあり、下地の凸凹をひろいにくいそうです。

SP9701

一番最初にくるのがSP9701

オフホワイトの塗り調とのことで、マイホームはもうこれでいいのでは。

SP9703

次がSP9703

立体感のある塗り跡とあります。

暖かい感じの空間になりそう。

でもなんだか外壁っぽい?実物を見ないとわかりません・・・。

SP9719

織物調のSP9719は、ロングセラー商品のようです。

少しベージュで色が濃いように感じますが、広い面積で見るとそこまで違和感はなさそうです。

汚れも目立たなそうですし、古い物件にもマッチしそうです。

SP9721

SP9721は織物調で色はアイボリーがかっている印象。

施工性がよいとあるので、内装屋さんにおまかせするとこれになるのかも。

SP9723

SP9723は、ちょっと細かい織目の印象。

ミディアムの床色と合うようなので、少し明るい白なのかな。

今後賃貸用の物件ではこれを使うかも。

SP9724

SP9724は、織目調の人気商品。うちの賃貸はこれです。

少しグレーが入っているような印象で、汚れが目立ちにくい気がします。

ダークな床色に合うとありますが、うちは白系の床で全然違和感ありません。

こだわりシリーズ

こだわりシリーズは全点「撥水・抗菌機能付き」とのこと。

カラー色柄が豊富だそうです。

SP9728

SP9728は、穏やかな塗り感が人気の石目調。

リビングなど広い空間におすすめらしいので、もうこれにしようかな・・・。

撥水・表面強度アップ・ストレッチ・軽量など、多くの機能があるのも魅力的です。

これに決定!

SP9729

SP9729は、さっきよりグレイッシュな石目調。

流行りのグレーっぽい色味の内装に合いそうです。

SP9743

SP9743はさっきより塗り感があります。

オールマイティーとありますが、なんだか外壁っぽい気もしてきます。

SP9744

SP9744は、ほどよく動きのあるシンプルな石目調・・・。

もう違いがわからなくなってきました。

SP9760

SP9760は、シャープな織目調。

実家がこんな感じの壁紙です。

スッキリしてますが、近くで見るとなんだか集合体っぽい・・・。

SP9728に決定

ショールーム行きましたが、壁紙の違いがほぼわからなかったです。

もう機能面だけ見て選びます!

オススメの機能は、表面強度アップ機能らしいです。(筋肉のアイコン)

傷がつきにくいのは大事ですね。

撥水・表面強度アップ・ストレッチ・軽量など、多くの機能があるSP9728に決定します!

まとめ

サンゲツSPシリーズ長期継続品を紹介しました。

サンゲツのショールームでサンプルを20種類くらいまでもらえるらしいので、見て比べようと思います。

追記)

水回りのクッションフロアについてはこちらの記事で書いています。▼

読んで頂きありがとうございました。

この記事を書いた人:藤本紗帆

1992年生まれで、現在次女の育休中です。

初めて不動産投資をするときにつまづくことが多く、当時知りたかったことをこのブログ(はじふど)でまとめています。

電子書籍も出しています。▼

X (旧Twitter)も毎日更新しています。

内装
sahoをフォローする
はじふど
タイトルとURLをコピーしました