トイレ・洗面所のクッションフロアに後悔した実体験

(注)このブログには広告を含みます。

こんにちは。不動産投資をしている藤本紗帆です。

これまでのトイレ・洗面台のクッションフロア選びの失敗をもとに、どのクッションフロアを選べばいいか考えてみました。

内装屋さんはいつもサンゲツのカタログを持ってきてくれるのでサンゲツから選びます。

貼る向きや柄合わせを気にしなくてもいい無地調のものをオススメされます。

爽やかなストライプチェック

日当たりの悪い家では、全体に明るい色の床を選びました。

サンゲツのHM11157ストライプチェックです。

商品紹介文は以下の通り。

「ランダムでシャープなラインとさわやかなグラデーションが特徴のデザインです。」

HM11157
HM-11157

素人の写真だとストライプかどうか全然わかりませんね・・・。

爽やかで気に入ったのですが、汚れがめちゃくちゃ目立ちそうだと思いました。

もう少し色味があるほうが良さそうです。

無難なベージュ

明るめの色は汚れやすいと思い、ベージュっぽい色もチャレンジしました。

HM11153ソフィアです。

HM-11153

ソフィアは無地調の中でも人気なようです。

HM11153

写真だと全然わかりませんが、近づいてよーく見るとラメラメ

商品紹介は以下の通り。

「細やかなラメと砂目調の柄がシンプルで使いやすいデザインです。」

HM-11153

なんだか超無難なかんじですが、夫には好評でした。

柄がないとのっぺりするので、多少柄があったほうが良さそうです。

汚れが目立たないグレー

もともと壁にグレーのパネルが貼ってあった洗面・トイレの床だけリフォーム。

床のリフォーム前

もともとの床は型番はわかりませんが「ミカゲHM11131っぽいです。

サンゲツのカタログより

暗い色は汚れているかどうかわかりにくいですが、経年劣化してる気がするので張り替えることに。

壁がグレーだから、床はアイボリーやベージュはおかしい?と思い、床もグレーに。

変えてみると、全く変わり映えしません。

HM-11182

選んだのはシエロHM-11182

紹介文は以下の通り。

「さらっとした触感が心地よい無地調の柄です。」

HM-11182

壁がごちゃごちゃ柄があるから、床はシンプルな無地にしようと思ったためです。

HM-11182

なんだか微妙。

トイレや洗面脱衣室のような狭い空間は明るい色を使ったほうがいいように思います

狭く感じますし、明るい色のほうが清潔感がある気がする。

流行り・人気なのは石目やタイル柄

人気なのは大理石風の石目柄タイル柄のようです。

あとは木目のヘリンボーンなども流行りですね。

内装屋さんには無地調をオススメされてきましたが、次回は思い切って人気のものを選んでみたい。

(失敗するかもですが)

賃貸に多い?大理石調

賃貸マンションは大理石調が多いイメージです。

お世話になっている内装屋さんいわく、「大理石柄のCFは安っぽいよー」と。

まあそりゃ、本物には叶わないだろう。

今の賃貸は、多分HM-11122。(ビアンコ

サンゲツのカタログ

割と人気なようです。

髪の毛などが落ちているとよくわかるので、用を足しながら拾って便器に入れたり。(オイ)

今の賃貸のトイレ

また、洗面所はHM-11095カフェストーン

今の賃貸の洗面所

割と人気なようで、結構気に入ってます。

前に住んでいた賃貸の水回りは多分HM-11124

サンゲツのカタログより

目地なしの大理石調。

黒だと、髪の毛やトイレの汚れが全然わからないです。

拭き掃除をさぼりがちで、絶対不潔だったと思います・・・。

マイホームは絶対明るめの色にします。

タイル柄で人気なのはHM-11101

タイル柄で人気らしいのはこちらのスレーヌHM-11101

サンゲツのカタログより

紹介文は以下の通り。▼

「ライムストーンならではのサンゴや貝などが混ざり合った素材感と、ゆるやかな曲線が特徴の石目柄です。」

HM-11101

タイル柄は、目地に汚れがたまりやすいようです。

特に小さなタイル柄は目地が多くて掃除が大変らしいです。

(でもうちの賃貸は大き目のタイル柄で、そこまで気にならないですが・・・。)

貼るときにトイレの中心から目地の位置を左右対称に持ってくるのが少し面倒そう

ショールームに行った結果・・・

サンゲツのショールームに行った結果、マイホームに選ぶ予定のものは以下の通り。

全部目地ありです!

トイレはハニカムコンク

六角形のタイル柄でハチの巣のような柄のハニカムコンクが気に入りました。(HM-11091

目地が多いので汚れやすいかもしれませんが・・・。

かわいくてオシャレだと思ったので、使ってみて検証したいです。

洗面脱衣室はHM-11121ルチコーゾ

洗面脱衣室に使おうと思ったのはHM-11121ルチコーゾ

やわらかな柄の変化が特徴のホワイト系マーブル柄です。

かなり明るい白色ですが、清潔感が抜群です。

まとめ

水回りクッションフロア暗い色だと後悔しそうです。

ただでさえ広くない空間が余計狭く見えます。

明るい色のほうが清潔感がありますし。

内装屋さんには目地なしの無地調をオススメされますが、のっぺりと古臭い印象に。

これからは目地ありで選ぼうと思います!!

壁紙についてはこちらの記事に書いています。▼

読んで頂きありがとうございました!

この記事を書いた人:藤本紗帆

1992年生まれで、現在次女の育休中です。

初めて不動産投資をするときにつまづくことが多く、当時知りたかったことをこのブログ(はじふど)でまとめています。

電子書籍も出しています。▼

X (旧Twitter)も毎日更新しています。

内装
sahoをフォローする
はじふど
タイトルとURLをコピーしました