月極駐車場が埋まらないときの対策3選

月極駐車場が埋まらなかったら、その他の運用方法を考えましょう。

月極駐車場が埋まらないときの対策方法を解説します。

一部をコインパーキングにする

月極駐車場の一部をコインパーキングに変える方法があります。

コインパーキングは初期費用がかかりますが、月極駐車場の2〜3倍の売り上げが見込めます。

初期費用は300万円程度

フラップ板や精算機などの機器類の購入と設置、電気工事などの初期費用で300万円程度かかります。

金融機関で融資してもらうことも可能ですが、シュミレーションが欠かせません。

近くのコインパーキングの稼働状況を調査してみましょう。

3割の稼働率があれば十分な利益が出ます。

また、中古の機械を使うなど、工夫次第で初期費用を安く抑えることも可能です。

詳しくはこちらの記事で解説しています。▼

業者に全て委託すればラクだが、儲からない

コインパーキングは、業者が一括で借り上げて(サブリース)運営する方法が一般的です。

手間はかかりませんがオーナーの利益はかなり小さくなります。

保守管理会社にだけ管理を委託するほうがオススメで、そこまで手間もかかりません。

コインパーキングの運営方法についてはこちらの記事で解説しています。▼

バイクボックスなどのコンテナを置く

需要が見込めるのならバイクボックストランクルームなどのコンテナを置くことも一案です。

高価なバイクは盗難やイタズラが多く、持ち主は心配です。

自宅からコンテナまで距離があっても、自転車や原付きで向かってコンテナに保管しているバイクと入れ替えれば大丈夫です。

ただし、初期費用や宣伝費がかかるため、長期で経営に取り組む覚悟が必要です。

コインランドリーなど、不動産の有効活用についてはこちらの記事で解説しています。▼

駐車場シェアリングサービスに登録する

リスクを取りたくない場合に最もオススメするのは駐車場のマッチングサイトに登録することです。

駐車場シェアは驚異的な市場規模の成長が期待されています。

駐車場シェアサービスとは

PCやスマホから駐車場の住所と写真などの情報を登録すれば簡単に貸し出しできます。

初期費用や月額費用も0円で、急に駐車場が使いたいときもお休みできるから安心です。

24時間対応のコールセンターがあるので、利用者とのやり取りは一切ありません。

料金もカード決済のため月極駐車場のような手間や未集金のリスクもありません。

手数料が業界最安値の「特P(とくぴー)」

「特P(とくぴー)」は駐車場シェアアプリの中でオーナーの手数料が一番安いためオススメです。

手数料は30%です。(akippaは50~60%)。

地域によって利用ユーザー数が違うため、まずは「特P」を試して成果が出ない場合は「akippa」の利用をおすすめします。

「特P」の利用はこちら

駐車場シェア業界知名度No.1の「akippa(あきっぱ)」

「akippa(あきっぱ)」はオーナー手数料が高いですが、利用者側の利便性を重視しており、今後も成長が期待できます。

手数料が低い「特P」まずは利用して、売り上げが少ない場合は「akippa」の利用を検討してみましょう。

「akippa」の利用はこちら

まとめ

月極駐車場が埋まらなければ他の運用方法を考えましょう。

従来からあるコインパーキングやコンテナに投資するのもいいですが、まずは初期費用がかからない駐車場シェアサービスを利用するのがオススメです。

読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました