人生を変えた本ベスト3

みなさんは、人生を変えた本はありますか?

私は、衝撃を受けた読書体験がいくつかあります。

私は普通のサラリーマン家庭に育ち、「学校の先生の言う通りに勉強して、いい大学を目指し、いい企業に就職し、定年まで働く」という古い価値観の中で生きてきました。

しかし、いくつかの本をきっかけにして、今はサイドFIREすることを目指しています。

今回の記事では、そんな人生を変えるきっかけとなった本のベスト3を発表します!

1位:「お金持ちになれる黄金の羽の拾い方」(橘玲)

橘玲さんの代表作です。

新しくない本ですが、読んだ日は衝撃を受けて夜も眠れませんでした。

働き続けても豊かにならない謎がわかった

私の親戚のおじさんは自営業者であり、全然働いていない(ように見える)のに、船やフェラーリを持っているなど、明らかにお金持ちです。

一方、私の両親は毎日朝から晩まで会社で真面目に一生懸命働いているけど、全然お金持ちではない。

この本を読んで、この謎が解けました。そういうことだったのか!と衝撃を受けました。

サラリーマンは搾取され続ける

サラリーマンは有無を言わさず、源泉徴収制度で税金が徴収されます。

所得税住民税に、社会保険料も合わせると、収入の約3割を税金・保険料で無条件でとられています。

社会保険料は半分が会社負担ですが、それは人件費であり、そもそも労働者の給料に含まれるはずのものです。)

社会保険料の負担額はいつの間にか上がっており、国民年金の赤字の穴埋めに使われています。

サラリーマンは惜しみなく税金を奪われますが、サラリーマンである限りどうしようもありません。

一般的に、サラリーマンの生涯収入は3億円と言われていますが、そのうちの1億円は税金社会保険料に消えています。

これでお金持ちになるのは超ハードモードです。

成功した自営業者は急速に富を蓄える

最速の資産形成方法は、節税です。

自分の事業を持つことで、「経費」を使って税金を法律の範囲内でコントロールすることができるようになります。

これによって、成功した自営業者は急速に富を蓄えることがてきます。

さらに、「個人」と「法人」を使い分けこなせば節税効果はより大きくなります。

マイクロ法人(自分や自分の家族だけが所属する小さい会社)をつくって節税する方法が本の中で紹介されています。

  • 所得税が発生しない範囲で給与を決定する
  • 所得税が発生しない範囲で家族に給料を支払う
  • 生活費の一部を経費にする
  • 個人資産を法人名義で運用する

税金や保険料は、調べもしない人たちから多くとろうというシステム

この本を読んで、税金・年金・保険・医療制度・給与システムなどは、わざと分かりにくくなっていて、調べない人たちから多く取ろうという仕組みになっていると気づきました。

私は、学校や会社から求められた通りに、勉強して、働いていました。

自分で何も考えていませんでした。

給料明細がよくわからなくても、ろくに調べもしませんでした。

だけど、面倒くさがって頭を使わずにいると、一生騙されて高いお金を払い続けることになると感じました。

2位:金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント(ロバート・キヨサキ)

金持ち父さん貧乏父さんには色々なシリーズがありますが、初めて読んで衝撃を受けたのが「キャッシュフロークワドラント」でした。

クワドラントとは、4分割という意味です。

正直、タラタラして読みにくい本ですが、内容をざっくりつかむ読み方でいいと思います。

稼ぎ方は4つに分類できる

お金の稼ぎ方は以下のように4つに分類できます。

サラリーマン(従業員) ビジネスオーナーに雇用されて時間や労働力を切り売りする 会社員・公務員・派遣社員・アルバイト
自営業者 多く働けば収入も増えるが、働かなければその分収入も減る 個人事業主、開業医、弁護士など
ビジネスオーナー

自分がほとんど働かなくてもお金が入ってくるような、ビジネスの仕組みを持っている

会社の所有者、起業家、店舗オーナー、印税で稼ぐ人など
投資家 株や債権、不動産などに投資して、お金に働かせて収入を得る  

ビジネスオーナーか、投資家を目指さなければ、ずっと楽にはならない

人口の9割は従業員自営業者ですが、世の中の富の9割はビジネスオーナーや投資家が保有しているとされています。

残りの1割の富を、従業員と自営業者で分け合っていることになります。

これまで、転職したいなあ〜となんとなく考えることもあったのですが、同じ「従業員」として転職してもあまり意味がない。

自分の時間や労働力を切り売りするのではなく、自分のビジネスを育てたり、投資家にならなければ、いつまでも自由な時間を思う存分過ごせないと気づくことができました。

3位:ズボラでも投資ってできますか?(高橋忠寛)

この本を手に取るまで、お金についての知識はゼロでしたが、投資の勉強を始めるキッカケになりました。

投資の勉強を始めるきっかけになった本

お金のプロとお金の知識ゼロの人が会話をしていく本なのですが、知識がなくてもサクサクと読むことができました。

知識がまだ少ない人にオススメします。

ズボラのほうが投資に向いている

ほっとくだけでいいインデックス投資について紹介しています。

これなら私にもできる!と思い、インデックス投資を始めるきっかけになりました。

本当にほっとくだけでいいので楽です。

その他の超オススメ本

不動産投資のオススメ本はこちらの記事で紹介しています▼

ここでは不動産投資以外のそのほかの超オススメ本を紹介します!

マーケット感覚を身につけよう(ちきりん)

ちきりんさんの本は文章が平易で、とにかく読みやすい!

読むたびにうなづいて、新たな視点を得られた本です。

すべてのビジネスマンが読むべきだと感じました。

科学的な適職(鈴木祐)

転職に興味があったり、今の職場にずっと勤めていていいのかな、と不安を感じる人にとてもオススメです。

転職の本ではこの本がダントツで参考になりました。

自分の時間を取り戻そう(ちきりん)

毎日時間に追われて忙しすぎる、と感じている人に読んでほしいです。

この本を読んで、時間の使い方や自分の人生についてよく考えるようになりました。

まんがでわかる自律神経の整え方(小林弘幸、一色美穂)

私の夫はいつもお腹を壊しがちで、さらにイライラしやすいのですが、その原因がわかってスッキリしました!

私は夜にすぐに寝付けないことがあり、この本を読んで参考にできることがたくさんありました。漫画なので読みやすいです。

ダルい、不眠、イライラなどを感じる人に読んで欲しいです。

世界一シンプルで科学的に証明された食事(津川友介)

巷にあふれるの「これを食べたらいい」という情報は、個人の経験談だったり、健康に良いという研究結果がごく少数のものも含まれています。

この本は、膨大な研究結果をもとに科学的に証明された食事を紹介しています。

この本を読んで、ごはんには玄米もち麦を入れて炊くようになりました。

また、普段の食パンをライ麦食パンに変えて、オリーブオイルをかけるようになりました。

食生活を変えるきっかけになった本です。

健康的な食事に興味がある人にオススメの本です。

まとめ

さまざまな本を読んで、気づきを得ましょう。

勝ち組投資家が影響を受けた本TOP10はこちらの記事で紹介しています。▼

読んで頂きありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました