リフォーム費用を安くする方法4つ

リフォームを安くする方法は「分離発注」「職人に頼む」「相見積もり」「施主支給」の4つです。

分離発注

リフォームの分離発注とは、リフォーム会社や工務店を通さずに、リフォームを行う箇所ごとに別業者へ依頼することです。

一括発注と分離発注

一括発注とは、工事を一括で請け負う業者がいるリフォームです。

一括発注

それに対して分離発注は、工事発注者が各業者に直接工事を依頼します。

分離発注

一括請負業者が中間マージンをとらない分、分離発注のほうがリフォーム代が安く済みます。

自分で業者を探して仕事を依頼するだけなので、難しいことではありません。

分離発注の手順についてはこちらの記事で詳しく解説しています。▼

分離発注の注意点

分離発注のデメリットは、現場管理の時間や手間がかかってしまうことです。

一括発注のほうが高い理由は、上乗せだけでなく「現場管理費」という正当な費用の意味合いも含まれます。

現場管理の仕事は職人をタイミングよく現場に入れ、それぞれの職人に指示をしながらリフォームを完成させることです。

この仕事の代価が現場管理費です。

しかし、少し勉強すれば難しいことではありません。

ちなみに、木工事・水道・電気を同時に行う場合は、前後の日程調整などが必要となり、分離は比較的難しいです。

自信がない場合は大工さんに一括発注するのがオススメです。

職人の知り合いには職人の知り合いがいるためです。

職人に頼む

リフォームの値段は依頼先によって大きく変ります。

リフォーム業者とひとくちに言っても、1人親方の職人さんからリフォーム営業会社まで、さまざまな種類があります。

同じリフォームでも、中間に人が入れば入るほど料金が高くなります。

職人さんに発注すれば「日当」と「材料費」だけで済む工事でも、下請けに発注するリフォーム会社にお願いすると、かなりの利益を上乗せされてしまいます。

大工さんや職人さんの探し方はこちらの記事でも解説しています。▼

相見積もり

不動産の世界では、相見積もりを取ることは必須です。

業者は相見積もりをとる人には値引きをします。

一方、最初から「ここでお願いすると決めています」という人には定価になります。

「誰かの紹介だったら安くしてもらえる」と思うかもしれませんが、大きな誤解です。

紹介でやってくる人の値引き額は、相見積もりをとってきた人に比べたら微々たるものです。

手間と時間はかかりますが、金額の大きいリフォームほど必ず相見積もりをとるようにしましょう。

業者の方には相見積もりをすることをあらかじめ打診しておいたほうが親切です。

割高な会社に多いケースですが「相見積もりなら、うちは結構です」と断ってくる場合もあります。

施主支給

施主支給とは、通販などで設備などを安く購入し、業者に取付のサービスだけを発注することです。

業者が注文する手間が省けて、利益を上乗せされないため、リフォーム代を安くすることができます。

  • 独立洗面台(シャンプードレッサー)
  • 洗濯置き場の防水パン
  • 洗濯機用の止水弁付き水栓
  • 浴室や台所の水栓
  • 浴室や台所の換気扇
  • ガスコンロ
  • 洋式トイレ
  • 温水洗浄便座
  • モニター付きインターホン
  • スイッチプレート・コンセントプレート

など、施主支給してもいいかどうか業者に確認してから仕事を発注しましょう。

水回りの施主支給する設備についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

まとめ

この記事ではリフォームを安くする方法について解説しました。

職人さんや小さな営業店でそれぞれのリフォームごとに相見積もりをとって、リフォームを依頼するようにしましょう。

読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました